【フィールドワーク】産女(うぐめ)の幽霊【2012】

こんばんは、今年のお盆は元職場の付近を2日連続で通り、精神的に満身創痍の霹靂火です

さて、長崎市でお盆最終日・8/16といえば、光源寺の「産女(うぐめ)の幽霊」御開帳です。
以前(2010年)も取材していますが、3年連続で光源寺に行って参りました。

まずは浜の町商店街からアルコア中通りを暫く行くと、泉屋ゴルフ店の前に、「幽霊井戸」の礎石が残っています。
120816_幽霊井戸
夕方に行ったので、お供えの塩が新しいです。

更に進むと、光源寺の山門が見えてきます。
光源寺(2010年撮影)
120816_光源寺山門
御開帳の日には、看板(?)が出してあります。

そして今年の「産女(うぐめ)の幽霊」さんです!
120816_うぐめの幽霊

今年はバタバタしていて、講義が終わってすぐ駆けつけたのですが、幽霊飴が無くなるギリギリのところで参詣する事ができました。
若いお坊さん曰く「こン幽霊サンの目ェは『ぎゃぁまん(【註】ギヤマン=ガラス)』」だそうで、毎年照明の当たり加減によって目が光るように見えます。
今年は運良く夕方にお詣りしたので、「焼香されて、ここから目ェギラッを見てから、飴をもらってください」と指示があり、初めて「幽霊さんの輝く目」を見ることができました。想像以上にギラギラしていました。

また、次のように解説されていました。

「こン幽霊サンには頭しかありませんが、昔は腕があって、赤子を抱いていました。
でも原爆の後に焼け残ったのは頭だけでした。
ですからこン像は、お母さんが赤子を抱いている時の顔をしています。優しそうに微笑んでおらすのか、『こぃからどげんしょう...』と不安そうな顔をしているのかは、見ている人の心持ち次第です。」


幾つもの民話と原爆の悲惨さが交錯する「光源寺の産女(うぐめ)の幽霊」。親の子に対する無上の愛を、この民話は語り継いでいるのです。
スポンサーサイト

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

ぬらり途中下車の旅 【旅支度】その3

こんばんは、ストレスで療養中(泣)の霹靂火です。

昨年12月に、「鴉天狗ぬいぐるみ」が奴良組から発売されました。
ぬらりひょんの孫 鴉天狗ぬいぐるみ

しかし、2000円弱にしては、風貌が「ぬいぐるみ」然としており、
あまりにも完成度が低く感じます。
(製作サイド様、ゴメンなさい)

そこで、先日購入したWifiルーター用のケースとして、
奴良組本家 御目付役の鴉天狗殿を模したものを製作しました。

【鴉天狗】

(自作)鴉天狗とWifiルーター

(自作)鴉天狗_正面

(自作)鴉天狗_後面

(自作)鴉天狗_横 如何でしょう?

元々、折り紙が趣味だった為、着物と兜巾(ときん)は縮緬(ちりめん)を折り紙のように折り、
最近流行りの「羊毛フェルト」の技法で顔や手足、翼を作りました。
嘴(クチバシ)や目は、樹脂粘土です。

ミニチュアを製作する際、私は「リアル+実用性」に重きを置く為、
どうしても、見ようによっては少し(キモイ)かも知れません。
(嗚呼、写真写りの悪さよ。。。)

妖怪なので、どうも写真にはカッコよく写らないようですネ。(汗
今度、幻想郷入りした時にでも、幻想ブン屋の射命丸さんに撮ってもらうことにしましょうか。
射命丸 文

天狗同士ですが、「最近の若いモンは...」と説教を食らいそうですが。。。

という訳で、今夜はこのへんで。

テーマ : ぬらりひょんの孫
ジャンル : アニメ・コミック

ぬらり途中下車の旅 【旅支度】その2

こんばんは、「モチベーションを保つために」趣味に邁進(爆進)する霹靂火です。

今日は、「ぬら孫」カレンダーを作ってみました。
カレンダー2011_2月
2月

カレンダー2011_4月
4月は、昼&夜リクオ

カレンダー2011_9月
9月は、京妖怪&奴良組とお月見です。

写真では判り難いですが、印刷用紙はプリンタ用の和紙です。

材料代は用紙(10枚組)も額縁用の紐もダイソーで買ったので、
合計252円ほどです。

(何かの役に立つだろう。。。)と思って買っておいた3役パンチ(A5、バイブル、ミニ6穴用)が、
今回やっと日の目を見ました。(*^_^*)

それでは、今日はこの辺で。。。

P.S. 「ぬ」のハンカチが、着実に増殖中です(爆

テーマ : ぬらりひょんの孫
ジャンル : アニメ・コミック

ぬらり途中下車の旅 【旅支度】その1

こんばんは、人ゴミが苦手なくせに人恋しい霹靂火です。

さて、昨年からの「ぬらりひょんの孫」ブームにあやかり、
私も妖怪マニア清継くんに影響を受けてみようと思います。

原作2巻第十幕「リクオ、妖怪ミステリーツアーに行く」では、
清継くんに拉致られた率いる「清十字怪奇探偵団」の一行は、
GWを利用して、滋賀県は琵琶湖の辺りにある「捩眼山(ねじれめやま)」に妖怪合宿に行っております。

この次元(2011年の日本国)においては、捩眼山は存在しませんので、
脳内で旅立つより他ないのですが、どんな創作にもモデルとなったものがあります。

捩眼山のモデルは、恐らく滋賀県大津市の比叡山だと考えられます。
(捩眼山は琵琶湖東岸ですが)同じ滋賀県にあり、若き日の梅若丸(牛鬼の人間の頃の名)が修行していた寺である
延暦寺もここにあります。

さて、天台宗山門派の総本山である延暦寺や、寺門派の園城寺(おんじょうじ 通称・三井寺)は、
あまり知られておりませんが妖怪の宝庫でもあります。(由緒ある寺院なんですが...
慈忍和尚(じにんかしょう)が死後に化した一眼一足法師の妖怪や、
三井寺の鉄鼠 頼豪阿闍梨(てっそ らいごうあじゃり)
俵藤太に退治された三上山の大百足等々、枚挙に暇がありません。

今年のGWは、是非とも比叡山に(単身)フィールドワークに行くことを計画しております。
2011.4.9註 今回のフィールドワークは、体調不良により中止となりました(泣
近場(九州内)でのフィールドワークを今後予定


そこで、せっかく『ぬら孫』の世界観を満喫するならば、小道具も揃えてやろうではないか!
...という妙な使命感から、原作マンガ及びアニメに登場した小道具を製作している最中であります。

【「ぬ」のハンカチ】
ぬら孫ファンなら「雪女の所持品」で通りますが、未だに『ボーボボ』の影響で「ああ、ところ天の助の...」という寒い視線を受けてしまいます。
しかし、我らは屈しません!(誰だよヲイ)...ということで、作ってみました。

「ぬ」のハンカチ

文具屋で布ステンシル用のインクと消しゴム判子、100均で白いハンカチを購入し、3時間ほどで完成しました。
色は和風を意識して、藍色に近いミッドナイトを使用しました。

(いろんな意味で)実用向けではありませんが、まぁ単なる気晴らしです。

【妖怪トランプ】
さて、こちらは力作です。
原作2巻第十幕の冒頭で清十字団メンバーが妖怪ポーカーに興じているときに使っているカード、
妖秘録(あやかしひろく)』では「妖怪トランプ」と命名されているカードです。

妖怪をテーマにしたトランプは、今までも数種あり、水木御大の鬼太郎トランプや、「妖怪陰陽絵札」などが有名です。

この清継謹製の「妖怪トランプ」ですが、彼曰く妖怪の「絵」と彼の考えた「妖怪パワー」なる数値のみが印刷された、
カードゲームとしては誠に非実用的な代物でした。
そこで、本ブログ冒頭でも紹介しているヨーカイザーの五行による勝ち負けの仕組みを借用応用し、五行()×妖怪パワー1~13+Joker=66枚一組として製作しました。

妖怪トランプ

原作やアニメの図案を解析し、自分なりに第一幕~京都篇の主要キャラに独断と偏見で「妖怪パワー」を設定してみました。
因みに、「ぬらりひょん」は土の13(キング)です。
この場では妖怪パワーの最も大きいぬらりひょんの独り勝ちですが、「木 12 天狗」と「金 12 ヌエ」だと金剋木でヌエの勝ちになります。
五行の勝敗一覧

五行を取り入れることで、属性を一つ除けば4×13+1=53枚となり、トランプとして遊ぶことができます
但し、「絵」が椎橋寛氏の絵ではなく、殆どが『画図百鬼夜行』や『絵本百物語』などの原典の引用なので、
グッズとして販売するにはチョット...(察してください)な商品となりそうです。
(コアなファン以外は『百鬼花札』くらいで満足されると思います)

製作時間ですが、1日8時間×3日=24時間くらいで製作しました。(リスト作りと図案探しに骨が折れました)

2012.02.20追記
---

ネット販売を思い立ち、取扱説明書を書いてみました。
妖怪トランプ取説
羅盤舎のFC2ショッピングカートは鋭意制作中です。
---

このようにして、ストレスと戦うべくモノづくりに没頭する現実逃避家・霹靂火でした。(自虐

「総ては、妖怪への愛だよ、島くん!」
(「愛っすか~?」という相槌が聞こえそうなところで終了)

テーマ : ぬらりひょんの孫
ジャンル : アニメ・コミック

いざ、妖怪の聖地(メッカ)へ (1)

こんばんは、妖怪大好き霹靂火です。

妖怪の研究を始めて10年余りになりますが、
私は今まで妖怪の聖地ともいえる水木御大の故郷「境港」に
行ったことがありませんでした。

そこで、今回は羅盤舎のレポート用の取材も兼ねて、
10月1(金)~3日(日)、0泊3日の強行軍で長崎から境港へ行きました。

列車と夜行バスを乗り継いで約11時間、
10月2日(土) 6:15 米子駅に到着しました。

米子駅
米子駅

米子駅のkioskは、境港への玄関口なので、
当然のように「鬼太郎化」しています。

鬼太郎kiosk
鬼太郎kiosk

米子駅の0番(霊番)ホーム、通称「ねずみ男駅」から、
鬼太郎列車に乗って境港駅(通称「鬼太郎駅」)を目指します。

ねずみ男駅

ねずみ男駅
鬼太郎列車

鬼太郎列車

鬼太郎駅に着くと、さっそく歓迎の看板があります。
ようこそ妖怪水木ワールドへ!!

ようこそ妖怪水木ワールドへ!!

――「妖怪水木ワールド」って...
水木先生は、完全に妖怪と断定されているようです(汗

さらに注意書きが、

※お帰りの際「魂」の置き忘れにご注意ください。

私はどうも「魂の抜けやすい体質」のようなので、
充分に気を付けて帰ってきました。
(皆さんも、水木ロードへ足を運ぶ際は注意しましょう)

さて、これから水木ロード散策へ向かうのですが、
それは次回の講釈で(『西遊記』風)

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

定時法和時計
FC2カウンター
羅盤舎パブー店
最新記事
FC2投票
無料アクセス解析
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR