【第10回】「パソコン」にまつわる妖怪

【第10回】「パソコン」にまつわる妖怪

今日9月28日は、「パソコン記念日」です。
そこで、今回は「パソコン」にまつわる妖怪を紹介します。

【くねくね】
2003年頃からインターネット上で流布する都市伝説。
遠くに白いくねくねと動くものが見える。
その正体を知ると、精神に異常をきたすという。

【杉沢村(スギサワムラ)】
都市伝説の一つ。
青森県にあったとされる村。
昭和初期、発狂した一人の村人が村民を皆殺しにして自殺した。
廃村となって地図から消え、訪れた者は二度と帰ってこれないとされる。

村へ向かう道路には「ここから先へ立ち入る者 命の保証はない」という看板がある。
村の入口には朽ちた鳥居があり、その根元に髑髏のような岩がある。
村は廃墟と化し、内部には血痕が多数あるという。


杉沢村は、2000年にテレビ番組『奇跡体験!アンビリバボー』で特集されてから、インターネット上でも話題になりました。
漫画『ぬらりひょんの孫』の「***村」のモデルです。

インターネット上で広まる都市伝説を「フォークロア(民話)」に対し「ネットロア」といいます。
テレビが地デジに移行し情報難民が増える中、インターネットの普及でネットロアは益々殖えていくのでしょう。
sugisawamura.jpg
スポンサーサイト
定時法和時計
FC2カウンター
pixiv
羅盤舎パブー店
Twitter
最新記事
FC2投票
無料アクセス解析
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR