【読書メーター】4月分【2017年】

4月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:487
ナイス数:2

科学機器の歴史 : 望遠鏡と顕微鏡科学機器の歴史 : 望遠鏡と顕微鏡感想
近代科学史を、理論体系ではなく「科学機器(数学哲学器具)」による物質的視野の拡大を中心に駆け巡る意欲作。近代科学を科学機器+テキストという形でパッケージ化したオランダのエージェント性や、長崎における光学機器生産・輸出など、地理的特性を踏まえて解りやすく示されていて良かった。
読了日:04月27日 著者:
顕微鏡で見るミクロの世界―仕組み・使い方・撮影テクニックがわかる顕微鏡で見るミクロの世界―仕組み・使い方・撮影テクニックがわかる感想
出島で顕微鏡を見てから気になり、長崎市歴史民俗資料館蔵の木製顕微鏡をモデルに約80倍のものを自作してみたので、操作法を知るため通読。絵本なので解り易く、永久プレパラートについての説明も多かったので初学書としてオススメ。
読了日:04月19日 著者:山村 紳一郎
カッコウの托卵: 進化論的だましのテクニックカッコウの托卵: 進化論的だましのテクニック感想
生物の共進化を解り易く説いた一般書。 古代中国の七十二候「鷹化爲鳩(たかけしてはととなる)」について調べていたが、何の気無しに読み始めた本書でアリストテレス『動物誌』の「カッコウはタカの変わったものだ」という、同時代の迷信まで辿り着けて幸運だった。
読了日:04月08日 著者:ニック・デイヴィス

読書メーター
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

定時法和時計
FC2カウンター
羅盤舎パブー店
最新記事
FC2投票
無料アクセス解析
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR